デイケアおらんど活動紹介 第1弾! 脳活性レクリエーション

| | トラックバック(0)

「デイケアではどんな風に過ごしているのか、様子が知りたい。」ご家族から、時にそんな声が聞かれます。そのことを受け、現在行われている療法・活動の一端を、今回からシリーズで紹介したいと思います。第1弾は脳活性レクリエーションを紹介いたします。

 

DCora002.jpg脳活性レクリエーションは、様々な体操やゲームを通して、集う利用者の交流を促し、心も体も元気になっていくことを目標に取り組んでいます。
参加される利用者は15~20名程度で、能力や障害もまちまちです。そのため、能力を問わない偶然性のあるゲームや、片麻痺の人でも一緒になって行える体操等のアイディアや工夫に、スタッフは日々苦戦苦闘の毎日です。

 また、大人数では何かと目配りが行き届かないこともあり、ホールでのレクリエーションとは別に、こじんまりとした、テーブルを囲んだ〈おしゃべりサロン〉のような場も設けました。6~7人程度の少人数で、卓上ゲームや回想法昔語り等、井戸端会議のように誰かと関わり、できれば交友関係を育てる「社会参加」の一助になればと考えています。

 人生の先輩である利用者の声に耳を傾けつつ、提供する職員自身も生き生きと楽しめ、笑顔の交歓で楽しさが膨らんでいく 「いやぁ~今日は楽しかった」そんな広場にしていきたいと思っています。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: デイケアおらんど活動紹介 第1弾! 脳活性レクリエーション

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/33

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー