WHO方式による癌疼痛治療を知るために

| | トラックバック(0)

blow7.jpg医薬品安全管理の一環として癌疼痛治療をテーマとして取り上げ、2回にわたりオピオイド鎮痛薬の利用について講習会を開催設定し、今回第1回目が開催されました。

近年『がん対策基本法』や『がん対策推進基本計画』等において早期の段階から緩和ケアへの取り組みが重要視されています。

blow8.jpg
その中でも他の症状に比べ、疼痛は早い段階から現れることが報告されており、痛みの構成因子をとらえ、コントロールしていくことが求められています。

今回は、がんによる痛みの種類や痛みを強める要因についてから、痛みに対する効果的な治療法であるWHO方式がん疼痛治療における非オピオイド鎮痛薬とオピオイド鎮痛薬使用の概要までの内容で講習が行われました。

今回の講習からがんの痛みをトータルペイン(全人的な痛み)としてとらえ、五感を働かせながらその考えを踏まえたアセスメントを心掛けて患者様のQOL向上に役立てることができたらと思いました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: WHO方式による癌疼痛治療を知るために

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/62

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー