2008年5月アーカイブ

                 シリーズ3/3(全3回:3月~5月)

3.パワーリハの効果について 

 

 評価項目8項目 握力(左右)、開眼片足立ち、落下棒テスト、2分間足踏み、ファンクショナルリーチ(以下FR)、体前屈、timed up and go test(以下T&G)に対しての改善率を下図(図1.パワーリハでの変化)に示します。開始時の状態を100%にし、90日後の変化を示しています。 

 powerriha1.jpg

          図1.パワーリハでの変化

 

 握力Rt、開眼片足立ち、落下棒テスト、2分間足踏み、FR、体前屈において向上が見られました。これらの項目においては、t検定においても有意差が認められ、パワーリハにより改善が見られたと思われます。

寄贈の御礼

| | トラックバック(0)

blow19.jpg

 当院は、予てより株式会社 ニチイ学館様のホームヘルパー養成の実習施設としていままで多くの実習生の方々に当院で学んで頂いております。

 このたびその株式会社 ニチイ学館様より車いすを2台寄贈していただきました。車いすは現在、外来患者様や入院患者様の院内移動用として利用させて頂いております。ちなみに今回頂きました車いすはニチイ学館のヘルスケア事業における福祉用具サービスで取り扱われているドイツのMEYRA社製です。 

   

最近のトラックバック

    
           
  • 「多剤耐性アシネトバクター」病院内感染
           from ひとりごと・・・ at 2009年1月23日 22:16
  •