高齢者の骨折 その弐

| | トラックバック(0)

-脊椎椎体圧迫骨折-

 

脊椎について・・・

 

脊椎は、一般的に背骨といわれる部分であり、体を重力から支える役割をもっています。

背骨は、頚椎(7)・胸椎(12)・腰椎(5)・仙椎(5)および尾椎(36)の約30個の骨から形成されています。

骨と骨は関節によってつながっていて、その骨の間にはクッションの役割をする椎間板があります。

1、脊椎椎体圧迫骨折の原因と症状

 

原因は、転倒や転落等で背骨に圧迫力がかかり、押しつぶされた時に起こります。また高齢者で骨粗鬆症がある場合、物を持ち上げたりする動作のみでも生じることがあります。症状としては、腰背部痛や・円背(背中が丸くなる)のような変形、まれに足の麻痺を生じることもあります。

しかし、ほぼ自覚症状がでない場合も多いです。徐々に骨折が進行してくるような場合、物を持ったり歩いた時に腰背部痛がある、背中が丸くなる、身長が低くなるなどの症状がでることがあります。

部位としては、胸と腰の移行部分に最も圧迫力がかかりやすいため、第12胸椎・第1腰椎に多いです。

 

2、治療法

 

手術を行うことは少なく、基本的にはベッド上で安静にし、骨がくっついていくのを待ちます。その際にコルセットなどを使用して体を固定することにより、骨が動かないようにする場合もあります。

 

3、リハビリ

 

①足・体幹の筋力強化②寝返り・起き上がり練習③起立練習④歩行練習⑤バランス練習などがあります。

リハビリの主たる目的は、背骨の動きを保つこと、足・体幹の筋力増強、および寝返り・起き上がり動作の早期回復です。そのため、痛みの状態(ふつう、約12週間の安静で軽減する)をみながら早期にリハビリを開始していき、元の生活状態に戻れるようにしていきます。

 

 

 

 

 参考・引用文献

  1)冨士武史ほか:ここがポイント!整形外科疾患の理学療法

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高齢者の骨折 その弐

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/241

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー