装具について

| | トラックバック(0)

―はじめに―

  装具とは、四肢・体幹の機能に障害をもった方が、機能障害の軽減や治療を目的として使用する補助器具のことを言います。

―はじめに―

  装具とは、四肢・体幹の機能に障害をもった方が、機能障害の軽減や治療を目的として使用する補助器具のことを言います。

 

【装具の種類】

 使用部位により分類され、上肢・下肢・体幹装具に分けられます。上肢・下肢装具では、どこの関節を補助するかによってさらに分けられ、体幹では、脊椎のどこの部分を保持するかによって分類されます。

 

 当院では、脳卒中片麻痺患者様や胸・腰椎圧迫骨折を受傷された患者様が多く、下肢・体幹装具を処方されることがあります。今回は当院の患者様が多く使用している装具を紹介したいと思います。

     短下肢装具

下腿部(膝下)から足底に及ぶもので、足関節の動きを制御する装具です。脳卒中の後遺症などにより、動作時に下垂足(足首が上がらず垂れ下がった状態)や、内反足(足首が内側へ捻じれた状態)などの症状がある方に処方されます。当院では、プラスチック短下肢装具を使用することが多く、デザインは様々なものがあり、軽量で装具の上からも靴が履けるようになっています。

     コルセット

体を支え、脊椎の変形予防や矯正、痛みの軽減を目的に使用します。当院では胸・腰椎圧迫骨折患者様に処方されることが多く、骨折の強さや部位(胸腰椎用・腰椎用・腰仙椎用)によって使用するコルセットが異なります。高齢者の方は、体への負担が少ない軟性のコルセット(帯状の布を金属などで補強したもの)を処方されることが多いです。

 

【装具製作の流れ】

 既存のものを使用する場合もありますが、大体は使用する方に合わせて、オーダーメイドで作ります。流れは〔医師の診察→装具の処方→採型→仮合わせ→完成〕となります。また、装具製作の手続きは、身体障害者手帳によるものか各種医療保険によるものかによって、手続きが変わってきます。

 

おわりに・・・

 装具は、今回紹介させていただいたもの以外にも沢山の種類があります。機能障害をもった方が装具を使用することにより、より生活しやすくなるように、個人個人にあった装具を使用することが大事だと思います。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 装具について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/255

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー