吸引について

| | トラックバック(0)

吸引について

吸引とは、口の中やのど、気管などに溜まった痰などの分泌物を機械で取り除くことです。今までは吸引ができる職種や人が限られていましたが、法律改正に伴いリハビリスタッフや介護職も一定の基準を満たすことで吸引ができるようになりました。

吸引について

 吸引とは、口の中やのど、気管などに溜まった痰などの分泌物を機械で取り除くことです。今までは吸引ができる職種や人が限られていましたが、法律改正に伴いリハビリスタッフや介護職も一定の基準を満たすことで吸引ができるようになりました。自力で痰が出せない方に対しすばやく対応できるようになったことで安全に生活しやすい環境となりました。

吸引の重要性

 痰などの分泌物が排出されない状態が続くと、呼吸困難や肺炎を引き起こす原因となります。特に高齢の方や寝たきり状態の方、手術後などは筋力や体力が減少しているため分泌物の喀出が難しくなります。さらに、脳卒中で麻痺がある方ものどや呼吸の機能が衰えている場合があり、吸引が必要になることがあります。呼吸の確保や肺炎予防のために吸引は重要となってきます。

 

吸引を行う前に

 

 吸引する前に痰を吸い取りやすくする方法がいくつかあります。直にのどや器官へチューブを入れるため無理をすると粘膜を傷つけてしまいます。そのため、吸入をして痰を柔らかくした状態で吸引をしたり、肺の中にある痰をのどのほうに集めてくる排痰方法(リハビリの手技の一種)があります。

 

 

家庭で吸引を行う場合

 家庭生活の中で吸引が必要な場合があります。家庭ではご家族や介護職の方が主に吸引を行うことになります。その場合は機材の使い方や吸引の方法を看護師の指導を受けてから行うことになります。また、体内にチューブを入れるため器具の消毒や清潔の保持についても指導を受けることになります。

 

 法律改正から間もないため当院でも充分に体制が整っていない状態ですが、徐々にリハビリスタッフも吸引方法を学び、対応できるようにしたいと思います。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 吸引について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/275

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー