車椅子について

| | トラックバック(0)

~はじめに~

 

 車椅子とは、身体の障害により歩行が困難となった方の移動に使われる福祉用具です。車椅子には大きく分けて、『自走用車椅子』と『介助用車椅子』があります。自走用車椅子は利用者本人が腕の力などを利用して駆動するもので、介助用車椅子は介助者が押して車椅子を動かします。今回は、自走用車椅子の選び方を説明していきます。

◇車椅子の選び方

 

身体にあった車椅子を選ぶ

 

①座席の幅・・・殿部の幅プラス5cm程度

座幅が大きすぎる場合、殿部が左右にずれやすくなったり、さらにずれることにより体が傾き斜めに座ってしまう場合があります。反対に座幅が小さいと車椅子のフレームと殿部がくっついてしまい、不快感や褥瘡となるおそれもあるので注意が必要です。

 

②背もたれの高さ・・・肩甲骨の下までの高さ

 高すぎる場合、駆動する際に肩や肘があたり、駆動しにくくなります。反対に低すぎると、安定した座位をとれず車椅子の操作性を悪化させることがあります。

 

③座席の高さ・・・車椅子に座っているときに常時足を着いていれる高さ(車椅子の足置きや床)

 低すぎると、太ももの裏が浮いた状態となってしまいます。そのため太もも裏で体重が支持されず、殿部に体重が集中し、それらの部分に痛みがでたり褥瘡ができる危険性があります。また、車椅子操作を足部でも行っている場合、足部での蹴りだしが必要となってくるので床に足が着いていることが重要となります。

 

④座席の奥行き・・・足を車椅子の足置きに載せた状態で、座席の前方端と膝後面との間に、2~5cm程度の隙間ができる程度

 奥行きが短すぎると、太ももの裏で支えることが出来ず、殿部への負担が増します。反対に長すぎる場合では、膝後面やふくらはぎが座席シート端にあたり殿部を背もたれの方まで近づけることができず、殿部が前方にずれ、背部が背もたれにもたれかかるように座ってしまいます。

 

⑤肘掛の高さ・・・肘を無理なく曲げてのせれる程度。

 

身体の障害により歩くことが困難となった方にとって、車椅子とは『自立して生活するための補助具』であるので、利用者にあった車椅子を選ぶことが重要です。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 車椅子について

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/276

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー