第13回リハビリテーション講演会を開催しました。

| | トラックバック(0)
CIMG4766.JPG  7月8日(土) 18:30~ 八戸グランドホテルにて、当法人主催の第13回リハビリテーション講演会が開催されましたので、ご紹介します。
 今回の講演会は、昨年度に引き続き講師として横浜市立大学附属病院 市民総合医療センター リハビリテーション科講師である若林 秀隆先生をお迎えし。「新しいリハ栄養の考え方とフレイル・サルコペニア」という論題で講演をして頂きました。
CIMG4801.JPG  今回の講演会では、当法人職員、医療・介護施設の関係者を含め、200名を超える多くの方々に出席を頂きました。
 講演では、リハ栄養についてから始まり、サルコペニアとフレイル、サルコ嚥下障害の三つについてとても分かり安く講演して頂きました。
 特に「栄養ケアなくしてリハなし 栄養はリハのバイタルサイン」について昨年に引き続き再認識をする良い機会となりました。
 また、食品多様性が高いと4年後に身体機能を維持できるということで、ロコモチャレンジについてなど、専門職として、参考になることや考えさせられることが多い講習会となり、1時間30分という短い時間の中での講演会ではありましたが、日々のリハビリについて考えることが出来たと思います。
 質疑応答では、講演会参加者は疑問に思った点などを質問し、充実した講演会を開催することが出来ました。
 講演会終了後、限られた時間の中でしたが、若林先生を囲み懇親会が行われました。
 懇親会の中でも気さくに質問に答えていただき、有意義な時間となったようです。
 今後も当法人では、今回のような講演会を開催していきたいと思いますので、興味のあるかたは是非ともご参加のほどお願いいたします。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第13回リハビリテーション講演会を開催しました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/389

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー