2018年7月アーカイブ

 3年ごと登録更新の審査までの期間、1年ごとに当院ではサーベイランスを受審し、品質マネジメントシステムの運用状況をチェックしています。
 今年は、6月28・29日に審査登録機関である(社)日本能率協会より審査員4名が来院し、実地審査が行われました。
 今回の監査はISO9001の規格更新の監査でもあり、審査を受ける職員は緊張し、監査へ臨みました。
 毎年2回実施している職員による内部監査とは違い外部の審査員による審査ということもあり、始めは緊張感が漂っていましたが、受け答えを続ける中で、審査員から普段あまり聞き慣れないISOの要求事項の解釈についてや要求事項の業務への具体的取り入れ方法などのアドバイスを受けたりと勉強会のようになる部署も見受けられました。
 審査終了後、担当した日本能率協会審査員の方より結果報告をして頂き、無事に登録規格更新を行うことができました。
 今後も該当規格を維持することにより、患者様・利用者様へ品質の良いサービスを提供できるよう、職員一同努力していきます。
   

最近のトラックバック

    
           
  • 「多剤耐性アシネトバクター」病院内感染
           from ひとりごと・・・ at 2009年1月23日 22:16
  •