2018年8月アーカイブ

 8月3日(金)に高校生1日看護体験を実施しました。
 この取り組みは、公益社団法人青森県看護協会より委託されており、これからの社会を担う高校生を対象に、保健・医療・福祉施設などで、施設見学や簡単な看護体験を通して、看護の心を理解していただくとともに、看護職を志す動機付けの一助となることを目的に実施しております。(えがおのひろば 公益社団法人青森県看護協会HPより引用)
 今回は合計6名の高校生を受け入れ、3つの病棟にて2人一組に別れ、当病院での看護部の仕事について体験実習を行い、1人の看護師について、現場での仕事や、患者さまとのコミュニケーションの取り方など様々なことを経験しました。
 当病院での体験内容は、患者さまとのコミュニケーションを始めとし、清拭や足浴・手浴、車イスに乗車しての操作体験やベッドメイキングなどを通し、様々な看護業務についてを経験しました。

CIMG6207.JPG  8月11日(土)に総合南東北病院で開催された「病院まつり」に参加してきましたのでご紹介します。
 今回で9回目となる「よさこい大競演会」に参加してきました。
 よさこい大競演会では、南東北グループ施設に勤務する職員約440人19チームが参加し、前日の悪天候をものともせず、晴天の中で、会場を大いに盛り上げ、熱い演舞を発表し、観客を魅了していました。
 私たち「美保野病院チーム」では、他のチームよりも少ない精鋭12名で参加してきました。
 ほとんどの職員が未経験者でしたが、プレッシャーをものともせずに最後まで日頃の練習の成果を発揮して、力いっぱい踊り切りました。
 残念ながら、受賞することはできませんでしたが、最後まで練習の成果を発揮し、今まで以上の演舞を披露できたと思います。
CIMG6236.JPG
CIMG6250.JPG
CIMG6263.JPG
CIMG5932.JPG  7月18日(水)15:00から日中を想定した防火訓練を実施しました。
 今回の訓練では夜間に洗濯室より火災が発生したという想定で行われ、夜勤帯のすべての職員が協力し、避難区域から安全区域まで患者さまの避難誘導訓練を実施しました。
CIMG5874.JPG  7月7日(土) 18:30~ 八戸グランドホテルにて、当法人主催の第14回リハビリテーション講演会が開催されましたので、ご紹介します。
 今回の講演会は、長野保健医療大学 教授であり、国立障害者リハビリテーションセンター顧問でもある中島 八十一先生をお迎えし。「高次脳機能障害者支援のこれまでとこれからー連続したケアを目指してー」という論題で講演をして頂きました。

   

最近のトラックバック

    
           
  • 「多剤耐性アシネトバクター」病院内感染
           from ひとりごと・・・ at 2009年1月23日 22:16
  •