第14回リハビリテーション講演会を開催しました。

| | トラックバック(0)
CIMG5874.JPG  7月7日(土) 18:30~ 八戸グランドホテルにて、当法人主催の第14回リハビリテーション講演会が開催されましたので、ご紹介します。
 今回の講演会は、長野保健医療大学 教授であり、国立障害者リハビリテーションセンター顧問でもある中島 八十一先生をお迎えし。「高次脳機能障害者支援のこれまでとこれからー連続したケアを目指してー」という論題で講演をして頂きました。

CIMG5884.JPG  今回の講演会では、当法人職員、医療・介護施設の関係者を含め、約200名の多くの方々に出席を頂きました。
 講演では、高次脳機能障害のこれまでどこれから、残された課題などについてとても分かり安く講演して頂きました。
 リハビリを行う上で高次脳機能障害というものを知っている職員においても今回の講演会の内容は理解を深めるためにもとても良い講演会になり、現場職よりとても良い講演会であったとのご意見を数多くいただきました。結果として、1時間30分という短い時間の中での講演会ではありましたが、日々の業務の内容について考えることが出来たと思います。
 質疑応答では、講演会参加者は疑問に思った点などを質問し、充実した講演会を開催することが出来ました。
 講演会終了後、限られた時間の中でしたが、中島先生を囲み懇親会が行われました。
 懇親会の中でも気さくに質問に答えていただき、有意義な時間となったようです。
 今後も当法人では、今回のような講演会を開催していきたいと思いますので、興味のあるかたは是非ともご参加のほどお願いいたします。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 第14回リハビリテーション講演会を開催しました。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mihono.jp/mt/mt-tb.cgi/421

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー