みほのあんてなの最近のブログ記事

 平成30年4月2日の当病院では、10名の新入職員が入職し、朝礼にて辞令の交付が行われました。
 新職員は、多くの職員に見守られる中、理事長より直接辞令が手渡され、当病院の職員として意気込みを顕わにしました。
 また、辞令交付後より、院内研修会を3日間実施し、研修を積み、その後、各部署での研修・実務に加入していくことになります。
 今後の研修期間や、現場での業務を通し、新職員の皆様には、日々成長し自身の力量を高めていってもらいたいと思います。また、今回の職員増加にあたり、当病院の質の向上と機能強化、充実を図られればと思います。
CIMG5360.JPG  12月8日(金)15:00から日中を想定した防火訓練を実施しました。
 今回の訓練では日中に厨房より火災が発生したという想定で行われ、日勤帯のすべての職員が協力し、避難区域から安全区域まで患者さまの避難誘導訓練を実施しました。
 当院ではインフルエンザワクチンの予防接種について下記の通り実施しております。
 初めて来院される方は、事前に電話(連絡先 0178-25-0111)にてご連絡頂けますとスムーズな対応が可能となります。
 
インフル.gif

CIMG4766.JPG  7月8日(土) 18:30~ 八戸グランドホテルにて、当法人主催の第13回リハビリテーション講演会が開催されましたので、ご紹介します。
 今回の講演会は、昨年度に引き続き講師として横浜市立大学附属病院 市民総合医療センター リハビリテーション科講師である若林 秀隆先生をお迎えし。「新しいリハ栄養の考え方とフレイル・サルコペニア」という論題で講演をして頂きました。

寄贈の御礼

| | トラックバック(0)

blow19.jpg

 当院は、予てより株式会社 ニチイ学館様のホームヘルパー養成の実習施設としていままで多くの実習生の方々に当院で学んで頂いております。

 このたびその株式会社 ニチイ学館様より車いすを2台寄贈していただきました。車いすは現在、外来患者様や入院患者様の院内移動用として利用させて頂いております。ちなみに今回頂きました車いすはニチイ学館のヘルスケア事業における福祉用具サービスで取り扱われているドイツのMEYRA社製です。 

blow18.jpg

『有限会社 エコーミライ保険事務所』様より

当院へ車いすを3台寄贈して頂きました。

 4月15日に三井住友海上保険の代理店である『有限会社 エコーミライ保険事務所』(八戸市長苗代)代表取締役社長の石田みち社長が来院し、佐藤理事長へ車いす3台が手渡されました。

 車いすは現在、外来患者様用として通院患者の院内移動用に利用させて頂いております。

blow9.jpgのサムネール画像

 先月から引き続き「医薬品安全管理講習会」にて『癌疼痛コントロールについて その2』が3月13日に開催されました。

 今回は、2月に行われた第1回目の講習のおさらいとWHOが推奨する鎮痛薬使用法の基本原則1から5のうち今回は3・4・5を中心に講義が行われました。

blow10.jpgのサムネール画像

 講義では、強オピオイド鎮痛薬であるモルヒネとオキシコドンとの特性比較の説明と近年医師の第一選択薬としてオキシコドンの利用が広がっているということ。

 また、オピオイドの初期至適投薬量を速やかに設定する5つのポイントや突出痛へのレスキュードーズの使い方、またオピオイドの副作用とその副作用blow11.jpgのサムネール画像への対処及び薬剤の併用についての説明があり、最後に全2回の講義のまとめをし、勉強会は終了しました。

 医師はもちろんのこと看護師等患者様に関わるすべての職員が、今回の講習会から学んだことを基に今よりももっと患者様一人一人に会わせた緩和ケアを実践していけたらと思いました。

blow7.jpg医薬品安全管理の一環として癌疼痛治療をテーマとして取り上げ、2回にわたりオピオイド鎮痛薬の利用について講習会を開催設定し、今回第1回目が開催されました。

近年『がん対策基本法』や『がん対策推進基本計画』等において早期の段階から緩和ケアへの取り組みが重要視されています。

blow3.jpg

 「青森県東部特定郵便局長夫人会」より当院へ車いすを寄贈して頂きました。

 11月16日に夫人会の代表として白銀台郵便局 浜崎局長・旭ヶ丘郵便局 橋本局長ら4名の方々が来院し、佐藤院長へと手渡されました。

 車いすは現在、外来患者様用として通院患者の院内移動用に利用させて頂いております。

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー