安全対策委員会

 平成11年2月 患者誤認事故をきっかけに、看護部独自に安全対策委員会を設置し、事故防止に関する勉強会やヒヤリハット報告書をもとにした振り返り、安全で安心できる療養環境提供のため活動中です。
 回復期リハビリ病棟では転倒・転落が一番多いヒヤリハット報告となっています。事例検討し、効果的な対策の共有を目指しています。
gkango03.jpg
   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー