その他の委員会

<業務委員会>
 業務委員会ではISOでの看護部4次文書が現状を反映したものであることを、年1回以上点検、改訂しています。退院時アンケートを実施し、入院生活での満足度の低い分野の改善を目指して活動しています。


<クリパス委員会>
 回復期リハビリ病棟での疾患別・病態別に応じたクリパスを作成し、安心して退院できるように取り組んでいます。パスには、退院前の自宅訪問やDC・DSの体験、ご家族に対する指導、退院後のサポートが受けやすいようにケアプランを決めていただくことも盛り込まれています。今後は、バリアンス発生後の対応の基準等が求められます。


<抑制廃止委員会>
 介護療養病棟では回復期リハビリ病棟より先に、抑制をしない看護介護の関わりをして参りました。10項目宣言を達成するために、その取り組みを全病棟に展開することが目標です。どんな行為が抑制かを理解すること、拘束時の3原則に沿って説明と同意のもとに行うことを活動の中心にしています。


<接遇向上委員会>
 日総研の接遇インストラクター研修修了者を中心に、病院玄関前での朝のあいさつ運動、各病棟での接遇に関連した3分間スピーチなど行っています。新人研修での接遇研修も担当し、率先垂範を目指しています。


<記録委員会>
 現在使用している記録類に関して見直しと、標準看護計画の作成を行ってきました。今後は看護記録等の監査、曖昧となっている略語などの基準作成を検討します。

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー