回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

recover02.jpg


回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患、大腿骨骨折などの発症から2ヶ月以内(靭帯損傷は1ヶ月以内)の方が入院して、ADL(日常生活活動)能力向上による寝たきり防止と家庭復帰を目的に集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。

 
 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が共同でそれぞれの方に合ったプログラムを作成、それに基づいて実生活での自立を目指したリハビリテーションが、病棟を中心として行われます。


入院対象となる状態及び入院期間

(1)脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後2ヶ月以内の状態(入院期間 150日)

  (高次脳機能障害を伴った重症脳血管疾患、重度の脊髄損傷等(180日))
 (2)大腿骨、骨盤、脊椎等の骨折または手術後2ヶ月以内の状態(90日)
 (3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、
  手術後又は発症後2ヶ月以内の状態(90日)
 (4)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節等の神経、筋、靭帯損傷後1ヶ月以内の状態(60日)



上記の期間で家庭復帰できない方については介護型療養病棟への転棟や介護療養施設等への紹介をいたします。

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー