平成23年度 リハビリテーション実績

総合リハビリ美保野病院では、医師、看護師、ケアワーカー、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士等他職種が各々の患者さんに共通の認識でリハビリテーションが行えるようにしております。

リハビリテーションを目的に入院された患者さんで、平成231月~平成2312月までに退院された患者さんのリハビリテーション実績についてご紹介します。

 

   これらのデータは、平成23年の退院患者さん全体の傾向です。すべての方が同様の経過をたどるわけではありませんので、ご了解下さい。

   死亡退院された患者さんを除きます。

 

                                                                               

年齢について

平成23年退院患者の平均年齢は、75.3歳でした。

45歳以下:1.6%4564歳:17.3%6574歳:16.9%7584歳:44.9%

85歳以上:19.3%となっています(図1参照)。

75歳以上の患者さんが全体の約65%を占めています。

図1.jpg

原因疾患について

原因疾患の内訳は、脳血管系:57.6%、整形外科系:20.2%、その他:22.2%でした。

(2参照)

図2.jpg

  入院までの期間、平均在院日数、自宅復帰率

発症から当院入院までの期間は、平均27.8日でした。

当院での平均在院日数は、106.0日でした。

疾患の内訳でみると、脳血管疾患が105.8日、脳血管疾患(高次脳機能障害あり)133.4日、整形外科疾患が82.1日、廃用症候群が82.1日でした。

このうち、当院から直接自宅に戻られた方は全体の63.6%という結果になりました。

※居宅施設への退院などを含む「在宅復帰率」は、これより12%ほど高くなります。

 


リハビリ実績(全体評価)

 当院では、患者さんの日常生活動作がどれくらい回復したかを評価する際、「FIM」

 (フィム)と呼ばれる評価法を採用しています。(附13参照)

 FIMは18項目の評価尺度で構成されています。

食事や更衣、トイレ動作、整容等のセルフケア(日常生活動作)、移乗や歩行、階段昇降等の移乗・移動動作に加え、コミュニケーションや社会交流等の認知面の評価を行う尺度もあります。

各々の項目は1点~7点の7段階で採点します。

ここでは、平成23年のリハビリ実績をご紹介します。

 

 

  総合計

 当院の患者さんの入退院時FIM評価について、総合計(126)からまとめると、

 入院時平均:57.1点、退院時平均:78.2点という結果になりました。(図3参照)

図3.jpg

FIM利得

 入退院前後でのFIM点数の変化(利得)は、平均21.1点の向上が見られました。

 入院時には見守りが必要~自立レベルの患者さんが約30%でしたが、退院時には

60%になったということになります。(図4参照)

FIM点数の変化(利得)9点ごとに分けてみると、1点~30点の向上が多く、全体

の約60%となりました。(図5参照)

図4,5.jpg

H23附属.jpg
   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー