re-happinessの最近のブログ記事

帝京平成大学から来ていた理学療法士の学生さんと、東北メディカル学院から来ていた学生さんが826日に無事に実習を終了しました。二人とも患者様と真剣に向き合っており、患者様の治療だけでなくスタッフとの関わりに対しても積極的に取り組む姿勢がみられていたのが印象的でした。今回も当院で実習される学生さんに①当院の印象はどうですか、②どんな療法士になりたいですかという質問に答えて頂きましたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

 

    当院の印象はどうですか

『とても温かい雰囲気で、病院のスタッフの方々がとても明るい印象がありました。リハビリでは、患者様に合わせた話し方、接し方があり、患者様をしっかり理解し関わっていると感じました。』

 

『明るい雰囲気であり、リハビリの際は患者様の全体像を捉えた上でその方に適した対応、治療をしている先生方が多い印象を受けました。また、違う病棟でも声をかけて励まして下さるやさしい先生方が多いです。』

 

    どんな療法士になりたいですか

『患者様に信頼されるような理学療法士になりたいです。そのために、患者様のホープを大切にし、患者様の興味のあることや話題を見つけ、それに繋げられるような治療を行いたいです。また、患者様だけでなく多職種との連携も大切にしていけるような理学療法士になりたいです。』

 

『患者様の機能面だけでなく全体像を考慮した上で治療することができ、また、患者様から信頼されるような理学療法士になりたいです。』

 

これからも自分のなりたい療法士となれる様にこれからも頑張って下さい。

 

 

岩手リハビリテーション学院から来ていた理学療法士の学生さんが71日に、青森県立保健大学から来ていた学生さんは715日に無事に実習を終了しました。

 リハビリテーション科は新たに9名が加わり、理学療法士37名、作業療法士36名、言語聴覚士6名、助手2名も含め総勢81名となりました。

 

今回は、摂食・嚥下訓練のアプローチ方法についてご紹介したいと思います。

<認知症の定義>

 認知症とはどのような病気なのでしょう。

 ICD-10による認知症の定義は「通常、慢性あるいは進行性の脳疾患によって生じ、記憶、思考、見当識、理解、計算、学習、言語、判断等多数の高次脳機能の障害からなる症候群」とされています。この定義の要約を示すと、何らかの脳への障害を基本に、記憶障害があり、認知機能障害があり、これらに伴って、生活に支障をきたす状態が認知症ということになります。

<認知症の症状>

 認知症の症状は、中核症状と周辺症状に大別されます。中核症状は認知症の主となる症状で、記憶の障害をはじめ、思考の障害、理解の障害、判断の障害などがみられます。周辺症状では、中核症状に遺伝的、心理学的、社会的な各要因が加わって生じ、抑うつや徘徊などの問題行動がみられます。

 

前回は、言語聴覚士が摂食・嚥下障害の有無を判断する際に行っている、簡単なスクリーニング検査の一例をご紹介しました。

今回も、引き続きスクリーニング検査について、簡単にご紹介したいと思います。

 

326日に当院リハビリドクターによる勉強会が行われました。高齢になると一つの疾患だけではなく、複数の合併症を持った患者様もいらっしゃいます。今回は、心疾患のリハビリテーションというテーマでご講義頂きました。当院回復期病棟入院患者様の心疾患合併症・併存症として多くみられている、心筋梗塞、心房細動、心不全、弁疾患、ステント、ペースメーカーなどの病態やケアのポイント、運動療法について症例も混じえて説明して頂きました。

 

前回、嚥下障害の方がご自身で出来る「嚥下体操」についてご紹介しました。

 そこで今回は、私たち言語聴覚士が摂食・嚥下障害の診断をする際に行っている「摂食・嚥下機能検査」をご紹介したいと思います。

 「摂食・嚥下障害」の疑いがある方には、はじめに以下の様な簡単なスクリーニング検査を行います。その一例をご紹介します。

 転倒とは内的もしくは外的な転倒の危険因子によりバランスを崩し、体の一部または全部が地面に接地することを転倒といいます。

 転倒の危険因子には、高齢、急性・慢性疾患、バランス能力低下、筋力低下、視覚障害、認知機能、精神状態、転倒歴のような対象者の特性に関連する内的因子と、不適切な靴、障害物の有無、二重課題、床や路面の状態、照明の状態、歩行補助具の使用といった環境や課題などの外的因子があります。

 <訪問リハビリとは?>

 要介護者が受けられる介護サービスであり、心身機能の維持回復を図り、日常生活の自立を支援するために、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが自宅を訪問し、生活に即したリハビリテーションを提供するものをいいます。 

 

<当院の訪問リハビリの制度は?>

・訪問看護ステーションからの理学療法士、作業療法士の訪問です。

 

<対象者について>

・介護保険の認定を受けている方

・特定疾患を持っている方

・必要な場合、デイサービスやデイケアと併用して利用可能です。

 

   

最近のトラックバック

    
                
   

最近のコメント

バックナンバー