re-happiness: 2011年11月アーカイブ

  摂食・嚥下障害をもつ患者様が服薬する時、どの服薬方法が最も安全で有効であるかを見極めるのは、摂食・嚥下障害を専門にしている医療従事者にとっても難しい問題です。

 患者様個々の摂食・嚥下障害の状態に合った服薬方法を選択することで、薬の誤嚥や残留を防ぎ、安全で有効な服薬ができると考えられます。

   

最近のトラックバック