STAFF: 2008年3月アーカイブ

 今回、リハ科ではシリーズ企画として「当院のパワーリハビリテーションについて(全3回:3月~5月)」の掲載を予定しています。掲載予定は以下の通りです。

1.パワーリハ利用状況と機器について(331日)

2.評価方法と認知症との関係(430日)

3.パワーリハの効果について(531日)

 

1.パワーリハビリテーションの利用状況と機器について

シリーズ1/3(全3回:3月~5月)

 

当院では平成164月より、デイケア、デイサービスの利用者様及び外来、入院患者様のリハプログラムの1つとしてパワーリハビリテーション(以下パワーリハ)を行っています。今回、平成16年から平成19年の間にパワーリハを3ヶ月以上、週13回程度の頻度で実施した方々の状況についてお知らせします。

 

平成16年から平成19年の間にパワーリハを行なった方はデイケア、デイサービス、外来合わせて47名で(平均年齢74.5±9.0歳)、男性27名(年齢5185歳、平均年齢71.4±8.5歳)、女性20名(年齢6696歳、平均年齢78.9±7.9歳)となっております。

 

CIMG0096.JPGCIMG0095.JPG

クッキング療法では、季節の食材を使いおやつを作る事で、季節を感じていただき利用者様自身で作る事の楽しさや、作ったおやつを他の利用者様にも食べて頂き、共に楽しみを味わってもらう事を目的として行っております。

 

デイサービスみほのでは、14時~15時までの1時間をレクリエーションとして各療法に分かれて活動しています。各療法の活動内容・様子を広く皆様に知って頂きたく、今回からシリーズで紹介したいと思います。

今回は、第1弾して作業療法を紹介したいと思います。

 

   

最近のトラックバック

    
           
  • 「多剤耐性アシネトバクター」病院内感染
           from ひとりごと・・・ at 2009年1月23日 22:16
  •