STAFF: 2014年8月アーカイブ

 

今回は、摂食・嚥下訓練のアプローチ方法についてご紹介したいと思います。

<認知症の定義>

 認知症とはどのような病気なのでしょう。

 ICD-10による認知症の定義は「通常、慢性あるいは進行性の脳疾患によって生じ、記憶、思考、見当識、理解、計算、学習、言語、判断等多数の高次脳機能の障害からなる症候群」とされています。この定義の要約を示すと、何らかの脳への障害を基本に、記憶障害があり、認知機能障害があり、これらに伴って、生活に支障をきたす状態が認知症ということになります。

<認知症の症状>

 認知症の症状は、中核症状と周辺症状に大別されます。中核症状は認知症の主となる症状で、記憶の障害をはじめ、思考の障害、理解の障害、判断の障害などがみられます。周辺症状では、中核症状に遺伝的、心理学的、社会的な各要因が加わって生じ、抑うつや徘徊などの問題行動がみられます。

   

最近のトラックバック

    
           
  • 「多剤耐性アシネトバクター」病院内感染
           from ひとりごと・・・ at 2009年1月23日 22:16
  •